Growth support

成長支援

Growth support

成長支援
コンサルティング

会社をより強くする

会社をより強くする

日本には350万社を超える会社がありますが、大企業は1.1万社とそのほんの一部に過ぎず、大部分は中小企業です。リーマンショックや東日本大震災の発生、新型コロナウイルスによる経済活動の低迷など、中小企業を取り巻く事業環境は目まぐるしく変化し、どの時代においても経営は決して簡単ではありません。

そのような厳しい経済環境下においては、現状を維持することすら容易ではなく、成長を目指す必要のない中小企業様はないと考えています。そして同様に、経営課題のない、成長する余地のない中小企業様も存在しないと感じています。

弊社は、様々な業種・ステージの会社様の事業改善をサポートしてきた実績やノウハウを有しており、公認会計士としての数字に基づいた客観的な視点や専門的知見を基に、「経営戦略」、「財務戦略」、「管理会計」、「組織再編」の主に4つをサービスを軸に、中小企業様・経営者の皆様と一体となって、会社をより強くするサポートを行っております。

経営課題チェックリスト

経営戦略 自社の強み、顧客ニーズに沿った戦略構築ができていない
計画的な経営 予算も事業計画もなく、場当たり的な経営になっている
原価計算 製品の原価が計算できておらず、製品別の採算が分からない
採算管理 顧客ごと取引ごとの採算性を把握しておらず、どこで利益が出ているか分からない
部門別損益管理 複数部門(事業)あるが、部門別の損益がきちんと把握できていない
在庫管理 在庫を多く保有しているが、無駄が多く資金繰りを圧迫している
月次決算 月次決算が遅い・不完全であり、年一回の決算を組むまで損益状況が把握できない
連結決算 グループ会社があるが全体での財務状況や収益状況が分からない
資金繰り 資金繰りの予定がたたず、自転車操業になっている
資金調達 担保もなく赤字続きで金融機関からの資金調達が難しい
組織運営 風通しが悪く、組織間で対立が生じて効率的な経営ができていない
人材育成 幹部・従業員が育たず事業の成長が頭打ちになっている

成長支援
コンサルティング
のサポート内容

成長支援コンサルティングの主なサポートメニューは、以下の通りです。会社様の状況やニーズを勘案の上、オーダーメイドでのサポートを提供させていただきます。

経営
戦略
経営状況の見える化
(成長ポイントの把握)
事業別収益やキャッシュフロー、財務状態等の経営の見える化による経営課題や成長ポイントの把握
事業計画の策定 社内向けや金融機関向けの事業計画の策定・実行サポート
KPIの設定 Key Performance Indicator(重要業績評価指標)の設定・運用サポート
アクションプランの策定 経営戦略や事業計画に基づくアクションプラン(行動計画)の策定・実行サポート
財務
戦略
取引金融機関との
コミュニケーション円滑化
業績報告資料の作成など、金融機関様とより良好な関係を築くためのコミュニケーションサポート
新規資金調達
(運転資金・設備資金)
運転資金や設備資金の新規調達に向けた金融機関交渉サポート(資料作成含む)
返済負担の適正化
(リファイナンス等)
既存債務のリファイナンスを中心とした返済負担の適正化等の財務基盤の再構築サポート
過剰債務の圧縮 遊休資産の売却等も含めた過剰債務の圧縮による財務バランスの適正化サポート
資金繰りサポート 資金繰り状況の見える化、今後の資金繰り対策の立案・実行サポート
管理
会計
予実管理体制の構築 予算設定や実績との差異分析等の予実管理体制の構築・運用サポート
採算管理体制の構築 事業別や顧客別、商品グループ別等の様々な切り口での採算管理体制の構築・運用サポート
原価計算体制の構築 製品やサービス別の原価計算・原価管理体制の構築・運用サポート
在庫管理体制の構築 在庫状況の見える化、過剰在庫の削減を目的とした在庫管理体制の構築・運用サポート
グループ実態の把握 複雑になりがちなグループ全体としての収益状況や財政状態の実態把握サポート
連結決算の導入 連結決算の導入・運用サポート
組織
再編
組織再編スキーム検討 組織や税務等の多方面から、目的に応じた最適な組織再編スキームの検討・実行サポート
グループ会社の集約 シナジー効果の最大化や管理コストの削減等を目的としたグループ会社の集約検討(合併)
事業部門の分社化 事業部門の独立採算を明確にして、経営判断にスピードをつける分社化の検討(会社分割)
持株会社の設立 事業承継対策やグループ経営の明確化に向けた持ち株会社の検討(株式移転他)